RENOVATION&CONVERSIONリノベーションとコンバージョン

資産価値を高めるリノベーションとコンバージョン

リノベーション
古くなった賃貸物件を現在の市場ニーズや周辺環境などに合わせて、内外装や設備機器等を見直し、 資産価値を高めます。
用途自体は変更せず、空室対策や収益性改善を図ることができます。
また、リフォームとの違いについては、リフォームとは単なる改修工事であり、リノベーションはそれに加え、「建物の性能性を向上させ、その価値を高める」という点にリフォームとの違いがあります。
コンバージョン
既存物件を他の用途変更することにより、収益性を向上できる場合があります。
たとえば、事務所用として建てられた古いオフィスビルを賃貸住宅に用途変更することで再生したり、倉庫を周辺環境に合った店舗として活用することで資産価値向上につなげます。

リノベーションやコンバージョンで資産を生かすメリット

古くなった建物は、建て替えることも当然選択肢のひとつとなります。しかし、リノベーション・コンバージョンという手法で再生させると、いくつかのメリットを生み出します。

1.新築に比べて、コスト低減が可能に!
建物の主要構造の大半を活かせるため、新たに建物を建て替える場合に比べて、大幅にコスト低減することができます。
2.産業廃棄物を最小限に抑え、資産価値向上を果たせます!
建て替えの場合、解体のため大量の廃棄物が排出されます。しかし、リノベーション・コンバージョンの場合は、廃棄物も少なく、環境への影響も最小限。もちろん、廃棄物処理に係る費用低減もでき、とても経済的です。
3.既存建物の長寿命化につながります!
リノベーション・コンバージョンと合わせて、適切な補修を行うことで、建物の損傷進行を抑えられます。また、耐震補修なども同時に行えば、万一の災害時に資産を失うリスクを低減できます。
4.助成金・補助金制度適用の可能性があります!
国の予算で建設費並び家賃の一部助成金が出る制度があります。

リノベーションやコンバージョンの流れ

1.現況調査 建物の現況について、老朽箇所・耐震性などをチェック。法律や条例などによる規制の有無も同時に確認します。
2.市場調査 周辺の市場環境・ニーズなどを調査。最新の地図情報システム(GIS)も駆除し、多角的な情報を収集します。
3.企画 現況と市場調査の結果から、用途や仕様などに関し、資産価値を最大限に高める企画を作り上げて行きます。
4.工事 数多くの施工実績のある当社の技術力を活かし、高品質な設計・工事により、建物の価値をより高めます。
5.経営 竣工後の建物・各種機器等のメンテナンスもお任せ下さい。また、仲介等の管理業務も適切な業者をご紹介するなどお手伝いさせていただきます。